覚えておきたい仮通夜の基本的知識

親族が他界すると、ほとんどの場合、通夜、あるいは葬儀を実施することになります。
そうした流れのなか、仮通夜といった儀式が施されることがあります。
一般的に考えて通夜に関しては、正規には本通夜になります。
多くのケースで亡くなられた翌晩に実施されますが、亡くなった日に親族だけで為される通夜もありまして、こういったものを仮通夜といいます。
親族そのものが故人と過ごすことができる最終の夜であり、一夜を過ごすことになります。
たとえ訃報を認識してきた弔問客がいたにしても、仮通夜に参加しません。
仮通夜は家で実行しますが、ここへ来て臨終した後即座に霊安室に移される可能性が高いため、 仮通夜を実施することは減っています。
仮通夜は基本として故人を見守って、過ごすということにウエイトがおかれます。
その結果、特段何かしらを行うことはありません。
しかしながら、エリアによって習わしもあります。
更に、精進料理にするなどの慣習もあります。

成徳はカラーコピー・チラシ印刷の料金が安い会社
モノクロ印刷はもちろん・高品質な2色印刷やフルカラー印刷も行うことができます。

文化教育事業も行う
創価学会です

大白蓮華の最新刊あります!
創価学会員に人気の大白蓮華の最新刊は当ページからお求めください。

TRADE×TRADE
海外FXの投資における最新情報配信中

相場が安定している金を選ぶ
投資するなら安定の金を選びませんか?

注目の金で取引を始める
確かなもので取引を始めてみませんか?

最新記事

  • 近頃では葬儀プランが多岐に亘っています。
    業者も増えて、 オリジナルなサービスが実施されてい …

    続きを見る

  • 終活と言いますのは一生の最期に対して自分自身で事前準備を行う行動のことで、 葬祭に関しての考え方の変 …

    続きを見る

  • 宇宙葬と言いますのは、外国で現実の上で最近において行われ、期待が高まっている埋葬アプローチです。

    続きを見る